高血圧

高血圧の改善予防の嘘と真実

高血圧と診断されると、病院からいくつかの改善法を指示されます。

大抵は、治療薬として血圧を下げる薬の服用。
またダイエットをして体重を下げるなどの運動療法。
塩分を控えるなどの食事制限。

通常は、薬、運動、食事制限の3つが高血圧改善法として処方されます。
けれども、これら3つ全ての改善法には問題があります。

まず、薬の服用ですが、これは副作用を生じます。
高血圧を改善する前に、たとえば、 脳梗塞、めまい、立ちくらみ、貧血、低血圧、 胸痛、頻脈、悪心、嘔吐、食欲不振、頻尿 倦怠感、不眠、肩凝り、眠気、しびれ、不整脈、心房細動、 こういった副作用を引き起こします。 また薬は、高血圧を「一時的に下げる」効果のものであって治療する薬ではありません。

それと運動ですが、これも大抵は長続きしません。 仕事が忙しかったりすると、運動を行う時間すら捻出できません。

最後に食事制限ですが、高血圧改善には、通常、塩分を控えるように指示されます。
しかし、指示通りに塩分を控えることは至難の業です。大変難しいのですね。

そうなると、病院で指示される高血圧を治療する処方の全ては、問題があることになってしまいます。
薬によって副作用を生じ、またできもしない運動や食事制限が、現実の高血圧を改善する方法となっています。


最新の高血圧改善法

しかし高血圧は、意外な方法で下げることが可能です。
この方法は、確かに「東洋医学」的です。

東洋医学だからといって、鍼灸によるものではありませんが、「気功」的な考え方があります。 実は、高血圧になるのは、一つの特徴があります。これは気といいますか血流に関することですが、この気なり血流を正常に戻すことで健康体になります。

血圧も同じですね。
高血圧になっている血流を調整することが、一つのヒントになります。

ここで紹介している高血圧改善法は、従来の西洋医学的な療法とは全く異なる方法です。

効果は実証されていますので、一つの方法として取り組まれることをおすすめいたします。


高血圧の改善法 お勧めの療法 最新版

関東医療クリニック院長・松本光正医師の「血圧革命」
健康雑誌「壮快」で話題の松本光正先生による血圧を下げる画期的な方法。薬を使わずにすぐに高血圧を改善する再現性のある治療法です。DVDとなっているので分かりやすく誰でも実行できます。
藤城博研究家の「食事だけで血圧を下げる食事法」
運動療法や食事制限が全く無く、3日で高血圧の改善ができる新しい方法です。塩分摂取の仕方も目から鱗の方法です。誰でも実践でき、この効果は数多くの体験者によって実証されています。
アスカ鍼灸治療院・福辻鋭記院長の「高血圧下げる方法」
アスカ鍼灸治療院の福辻鋭記院長がDVDで公開した、誰でもすぐに血圧を下げる東洋医学の方法。西洋医学的な方法では全く下がらなかった血圧がすぐに正常になります。
崇高クリニック・荒木裕医師の「高血圧改善プログラム」
荒木裕医師は日本にはじめてノンカーボンダイエットを導入した方で、高血圧の原因は糖の過剰摂取とビタミン不足であることを解明し、新しい食事療法と運動療法によって高血圧を改善します。